2011/03/30

エンジョイ!三輪タンデムサイクリングが好評価

独立行政法人 福祉医療機構の助成事業で、特定非営利活動法人 静岡光の家の「エンジョイ!三輪タンデムサイクリング」が良い評価を受けています。

三輪タンデム自転車を利用し、視覚障碍者とのサイクリングを実施。 1000人近くの方にタンデム自転車を体験させ、タンデム自転車の基礎知識や安全運行指針、事業の経過をまとめた冊子を作成したとのこと。

...

事務局によるコメント

視覚障害の場合、行動がどうしても制限されがちな中、運動不足になりがち、また中途障害の方の多くは障害への適応もなかなか困難で、環境なども含め本当に馴染む方というのは少数であると言わざるを得ません。 しかし、このタンデム自転車では、ボランティアなどの漕ぎ手と息を合わせて、気軽にサイクリングや外出を楽しみながら運動でき、さらに中途の方にはすでにあきらめていた自転車に再び乗ることができる喜びを提供することができるなど、新しい形のスポーツ、あるいはレクリエーションとしても優れた着眼であったと感じました。

...

記事全文: 独立行政法人福祉医療機構(WAM) > 各事業のごあんない > 社会福祉振興助成事業 > 助成事業の事業評価について > 優れた助成事業の紹介 平成21年度助成事業における優れた助成事業一覧(PDF版) (3.0MB)


静岡県は、三輪の自転車については乗車装置に応じた人員で乗車できます。 一般的な二輪のタンデム自転車の制限も無くして欲しいですね。 そうしたら、こういう「ノーマライゼーション」は、もっと広がりますから。

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム